PR
スポンサーリンク

BLACK PINKを世界へ押し上げた振付師Kyle Hanagami(カイル・ハナガミ)

スポンサーリンク
ダンサー

Youtubeチャンネルの登録者数470万人、Instagramでは150万人ものフォロワーがいる今、ハリウッドで最もホットなコレオグラファーKyle Hanagami(カイル・ハナガミ) をご紹介!!

Kyle Hanagami(カイル・ハナガミ)ってどんな人?

@kylehanagami
PROFILE
名 前カイル・ハナガミ
英 語Kyle Hanagami
誕生日1986年7月21日
出身地カリフォルニア州 ロサンゼルス
身 長約172.5cm
H Phttp://www.kylehanagami.com/
Instagram@kylehanagami
Twitter@kylehanagami
Youtubekylehanagami

今、世界で最も人気のあるコレオグラファーの一人、Kyle Hanagami(カイル・ハナガミ)

カリフォルニア大学で経済学と心理学を学んでいた彼は19歳の時にダンスを始めます。勉強の傍ら、自身のダンス動画をSNSに投稿し始めると、そのダンス動画を見た人たちから「ダンスを教えて欲しい」というメッセージが届くようになり、平日は大学で勉強、そして週末はダンスを教えるようになりました。

週末のダンスクラスの評判は上場でしたが、卒業後はダンスの道ではなく、英語・日本語・スペイン語の3ヶ国語が話せることを生かして、どこかのオフィスに就職しようと考えていました。

「僕が最初に振付を始めた時は”一流のアーティストと一緒に仕事をしたい”とか”周りで一番の振付師になりたい”なんて考えたことはなかった。ただ、どうすれば格好いい振付を作ることが出来るのかということだけを考えていたんだ。」

カイル・ハナガミ インタビューにて

13年前にカイルのYouTubeチャンネルに初めてUPされたダンス動画。

本格的に振付師として活動し始めた時期ぐらいでしょうか。今でこそダンス歴は20年近くなりますが、この頃はまだダンス歴は数年程。カイルのダンスを見ていると、ダンス歴の長さ=ダンスの上手さが必ずしもイコールではないということが分かります。

「今は子供たちが自分の部屋で、パソコンや携帯電話を見ながらダンスを学べる時代になったんだ。ダンスクラスに参加する為のお金がない子供たちにとって、ダンス動画でダンスを学べるのは画期的なことだよね!」

カイル・ハナガミ インタビューにて

人気の洋楽アーティストの振付を担当

オフィスへの就職を考えていたカイルですが、彼のダンスクラスの評判は広がり、次第にアーティスト達からも振付の依頼が届くようになっていきます。

カイルはこれまでにソフィア・カーソンの「Guess I’m a Liar」、ジャスティン・ビーバーの「That’s What Love Is」などのミュージックビデオの振付を担当。また、アリアナ・グランデ、ジェニファー・ロペス、ブリトニー・スピアーズなどのステージの振付や、人気TV番組「The X Factor」「Dancing With The Stars」「The Ellen Show」などの演出も手掛けました。

多くのK-POPアイドルの振り付