韓国ドラマ「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」あらすじと感想(ネタバレあり)

トッケビ君がくれた愛しい日々韓国ドラマ

韓国ドラマ「冬のソナタ」が日本で大ブームになってから早20年。

そこから何度となく訪れる韓流ブームに一度も乗らずに生きてきましたが、ここ数年SNSの普及で「あのドラマが良かった!」「このドラマが泣けた!」など韓国ドラマの投稿を多く目にする内に、どんどん興味が湧いてきた私もついに韓ドラデビュー!

そして韓国ドラマデビューに選んだ作品は、韓国で大ブームを巻き起こした「トッケビ」!

トッケビ基本情報

タイトルトッケビ〜君がくれた愛しい日々〜
放 送2016/12/2-2017/1/21
脚 本キム・ウンスク
企 画スタジオドラゴン
回数16話+3話(スペシャル)
出演者コン・ユ
キム・ゴウン
イ・ドンウク
ユ・インナ
配 信Amazon prime
Netflix
dtv 他
公式サイトhttp://tokkebi.jp/
@tokkebi_japan
トッケビ~君がくれた愛しい日々~(字幕版)
高麗時代の英雄だったキム・シン(コン・ユ)は、若き王の嫉妬から逆賊として命を落とす。その後、神の力によって“不滅の命”を生きる“トッケビ”となってしまったシン。彼を永遠の命から解き放つことができるのは“トッケビの花嫁”と呼ばれる存在ただ一人。そして900年以上の時を経たある日、シンは女子高生ウンタク(キム・ゴウン)と出...

トッケビのあらすじ

トッケビ
出典:http://program.tving.com/tvn/dokebi

高麗時代、百戦百勝で国を守る武将のキム・シンは英雄だった。しかし若き王の嫉妬により逆賊として命を落とすことになったキム・シンは、神の力で永遠の命を持つ「トッケビ」にされてしまう。この永遠の命を解放できるのは“トッケビの花嫁”だけであった。900年後、この世を彷徨うキム・シンの前に“トッケビの花嫁”と名乗る女子高生ウンタクが現れる。ウンタクはキム・シンがかつてひき逃げされた妊婦を救った時の子供だった。ひき逃げでこの世に誕生する運命ではなかったウンタクを”処理漏れ”として連れていこうとする死神と、ウンタクのアルバイト先のオーナーであるサニーを巻き込みそれぞれの運命が動き出す。

キャスト相関図

トッケビ相関図
出典:http://tokkebi.jp/

出演者

キム・シン役 / コン・ユ

トッケビ
出典:http://program.tving.com/tvn/dokebi

名 前コン・ユ(공 유)
誕生日1979年7月10日
身 長184cm
出演作品『コーヒープリンス1号店』
『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』
『トガニ 幼き瞳の告発』
インスタグラム@gongyoo_official

トッケビ/キム・シンを演じたコン・ユさん。

脚本家のキム・ウンスクさんが約5年間かけてコン・ユさんに主演のオファーをかけただけあって、本当に素晴らしいトッケビを見させて頂きました。

こんなステキな俳優さんが韓国にいたなんて、、、もっと早く出逢いたかった!!
顔が小さくてモデルさんみたいで、ハイネックにロングコート姿がカッコ良すぎました!

トッケビ
出典:http://program.tving.com/tvn/dokebi

どのシーンのコン・ユさんもめちゃくちゃステキなんですが、酔っ払ったトッケビがウンタクと剣を抜く日を決めるシーンが好きなんですよね。

“剣を抜いたらどうなるのか”とウンタクに聞かれたトッケビが「剣を抜いたら…もっとステキになるだろ」と言うシーン!

ずっと不滅の命を終わりにしたいと望んでいたトッケビが、ウンタクに惹かれ始めたことで、真実を話せず言葉を濁すところが、何か切なくて愛があって好きなシーンです。

チ・ウンタク役 / キム・ゴウン

トッケビ
出典:http://program.tving.com/tvn/dokebi

名 前キム・ゴウン(김고은)
生年月日1991年7月2日
身 長167 cm
出演作品『恋はチーズ・イン・ザ・トラップ』
『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』
『ユミの細胞』
インスタグラム@ggonekim

トッケビの花嫁であるチ・ウンタクを演じたキム・ゴウンさん。最初にキム・ゴウンさんを見た時は、何となくこれまでに自分がイメージしていた韓国女優さん達の雰囲気とは違ったので「え、この子がヒロイン役?バイト先のオーナーの方がいいんじゃないの」なんて思ったのですが(ゴメンね)、、、ドラマが進むたびにどんどん可愛く魅力的に見えてくるから不思議。

それだけ彼女が持つ魅力と演技力が半端ないということでしょうか。

ウンタクの役って演じるの凄く難しいと思うんですよ。生まれた時から数奇な人生を歩んでいるウンタクは、少々のことでは動じないし、へこたれない強さを持っているんだけど、まだまだ高校生らしい無邪気で子供っぽいところもある。そのいい塩梅を見事に表現しているんですよね〜

サニー役 / ユ・インナ

トッケビ
出典:http://program.tving.com/tvn/dokebi

名 前ユ・インナ(유인나)
誕生日1982年6月5日
身 長165cm
出演作品『明日に向かってハイキック』
『シークレット・ガーデン』
『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』
『真心が届く』

チ・ウンタク(キム・ゴウン)のアルバイト先のチキン店オーナー サニーを演じたユ・インナさん。

ユ・インナさんじゃなければ、サニーはここまで魅力的なキャラクターになっていなかったんじゃないかな。サニーは自信家だけど面倒見が良くて、オシャレで恋に一途で、最後の最後までカッコいい女性でしたね!

そうそう、ユ・インナさんって声も素敵なんですよね〜。声に透明感があって、話し方の抑揚の付け方が上手だから、すごく耳心地が良い。死神との恋愛は苦労の連続だったけど、サニーの出演シーンはどのシーンも好きだったなぁ。

死神役 / イ・ドンウク

トッケビ
出典:http://program.tving.com/tvn/dokebi

名 前イ・ドンウク(이동욱)
生年月日1981年11月6日
身 長184cm
出演作品『ホテルキング』
『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』
『真心が届く』
インスタグラム@leedongwook_official

ウンタクを”処理漏れ”として連れていこうとする死神を演じたイ・ドンウクさん。
ドラマの中で1番良い味を出してた気がする。

トッケビ
出典:http://program.tving.com/tvn/dokebi

コン・ユさんに負けず劣らずのイケメンで、トッケビと死神に助けられるウンタクがどれほど羨ましかったか。2人でウンタクを助けに行くシーンは最高でしたよね!

最初はウンタクを追っている死神役だから怖い人なのかなぁと思ったけど、心の優しい死神でしたよね。恋愛には奥手で、サニーとのやり取りは微笑ましいシーンもあったけど、終盤にかけては涙を誘うシーンも多くて号泣してしまいました。

ユ・ドクファ役 / ユク・ソンジェ(BTOB)

トッケビ
出典:http://program.tving.com/tvn/dokebi

名前ユク・ソンジェ(육성재)
生年月日1995年5月2日
身長180cm
出演作品『恋するジェネレーション』
『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』
『金のさじ』
インスタグラム@yook_can_do_it

代々トッケビのお世話をしている一族の孫ユ・ドクファを演じたユク・ソンジェさん。

甘やかされて育ったボンボンだけど、トッケビや死神とも上手く付き合いながら、ドラマの中の良いスパイス役になっていたドクファ。

この方 俳優さんかと思ったら、アイドルグループBTOBのメンバーなんですね~どうりでキラキラ感がスゴいと思った。でも神様に憑依されていた時と、神様が体から抜けた時では全然別人に見えました。歌やダンスだけでなく、演技力もあるなんて完璧ですね~。

ユ・シヌ役 / キム・ソンギョム

トッケビ
出典:http://program.tving.com/tvn/dokebi

名前キム・ソンギョム(김성겸)
生年月日1941年5月13日
身長183cm
出演作品『シークレッテガーデン』
『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』
『偉大な誘惑者』

ドクファの祖父でチョヌ財閥の会長ユ・シヌ役を演じたキム・ソンギョムさん。

トッケビの家臣で代々トッケビを支えてきましたが、孫のドクファに後を継がせようとしていたユ会長。
孫の浪費癖を止めさせる為に、何度もクレジットカードを取り上げていましたね!

キム・ソンギュさんの声なの立ち振る舞いなのか存在感があって、さすがベテラン役者さんだなという感じがしました!

キム・ドヨン役 / チョ・ウンジン

トッケビ
出典:http://program.tving.com/tvn/dokebi

名前チョ・ウンジン(조우진)
生年月日1979年1月16日
身長180cm
出演作品『国家が破産する日』
『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』
『ミスター・サンシャイン』

ユ会長の秘書でドクファの見張り役でもあるキム・ドヨン役を演じたチョ・ウンジンさん

キム秘書はいつも冷静沈着で、ユ会長亡き後は社長にも就任していました。

出番は多くなかったけど、個性的なキャラクターでしたよね。

謎の老婆・赤い服の女 役 / イ・エル

トッケビ
出典:http://program.tving.com/tvn/dokebi

名前イ・エル(이엘)
生年月日1982年6月26日
身長168cm
出演作品『インサイダーズ/内部者たち』
『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』
『私の解放日誌』
インスタグラム@2l_kjh

謎の老婆・赤い服の女役を演じたイ・エルさん。

母親が亡くなったウンタクを助けたり、ウンタクの前にたびたび現れる謎の女。老婆姿になったり、トッケビやドクファとも会話していたりしたので、最初はどうゆう役回りなのかイマイチ分からなかったのですが、、彼女は子供たちをこの世に授ける産神様で、いわば子供たちを見守る存在です。ウンタクに白菜をあげた意味がまだ分かりませんが。

イ・エルさんのミステリアスな雰囲気に赤い口紅が凄く似合っていましたね。

パク・チュンホン役 / キム・ビョンチョル

トッケビ
出典:http://program.tving.com/tvn/dokebi

名前キム・ビョンチョル(김병철)
生年月日1974年7月5日
身長175cm
出演作品『雲が描いた月明かり』
『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』
『ショッピング王ルイ』

高麗時代の若き王ワン・ヨの師パク・チュンホン役を演じたキム・ビョンチョルさん。

パク・チュンホンは自らが実権を握るために王を洗脳し、邪魔者は毒薬を盛って消す悪党。

悪霊となり何百年もキム・シン(トッケビ)を避けて彷徨ってきたが、ウンタクの前に突然姿を現す。キム・シン(トッケビ)にとっては自分の大切な妹や王を殺し、自らの命までも奪った張本人なので、パク・チュンホンとの因縁の対決が再び始まるのです。

高麗時代のパク・チュンホンもしたたかで嫌らしい役でしたが、悪霊となってからは本当に恐ろしい存在でしたね。

王様ワン・ヨ役 / キム・ミンジェ

トッケビ
出典:http://program.tving.com/tvn/dokebi

名前キム・ミンジェ(김민재)
生年月日1996年11月1日
身長173cm
出演作品『浪漫ドクター キム・サブ』
『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』
『ブラームスが好きですか』
インスタグラム@real.be

高麗時代の若き王ワン・ヨを演じたキム・ミンジェさん。

若くして王になりキム・シン(トッケビ)の妹キム・ソンと結婚するが、民の信頼を集めるキム・シンに嫉妬して死へと追いつめる。ワン・ヨの師であるパク・チュンホンに洗脳され、愛する妻と部下を失ってしまったワン・ヨ。

ミンジェさんのキレイで品のあるお顔立ちが、気高い王の役にピッタリでしたね。
この役を演じたのはミンジェさんが20歳ぐらいの時ですが、パクに追いつめられてどんどん我を見失っていく様を見事に演じていましたね。

キム・ソン役 / キム・ソヒョン

トッケビ
出典:http://program.tving.com/tvn/dokebi

名前キム・ソヒョン(김소현)
生年月日1999年6月4日
身長165cm
出演作品『恋するジェネレーション』
『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』
『仮面の王 イ・ソン』
インスタグラム@wow_kimsohyun

高麗時代のキム・シン(トッケビ)の妹で王妃キム・ソン役を演じたキム・ソヒョンさん。

大切な兄と愛する王の間に挟まれ、最後は自らが犠牲となって死んでしまう悲しい役でしたね。

王ワン・ヨに嫁ぐ時は、可愛らしくてまだ幼さが残る感じだったけど、王の嫉妬が高まるにつれてキム・ソンの表情も険しく、どんどん落ち着いた雰囲気になっていきましたよね。

キム・ソヒョンさんがこの役を演じた時はまだ17歳!!
若いのにこんな大人びた演技ができるのはスゴイですね。

トッケビとは

トッケビ
出典:http://program.tving.com/tvn/dokebi

ドラマのタイトルが「トッケビ」だから、もちろんトッケビが主人公で、どんどん物語が進んでいく訳だけど、

そもそも「トッケビ」って何?
韓国では皆知ってるものなの?

と疑問に思った人も多いはず。

ドラマの公式ページで「トッケビ」について調べてみると↓

韓国で古来から伝承されている不可思議な力を持つ存在で、人間に福をもたらす。日本語では“鬼”と訳されることが多いが、日本の鬼とは異なる。いたずら好きで、ソバが大好物など、いくつかの特性があり、本作ではその特性を活かしたシーンが随所に登場する。
引用文献:「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」公式サイト トッケビとは

 

日本でいうと、カッパとか天狗とかそういう存在なのかしら。。

ちなみにドラマの中でウンタクが「おじさん(トッケビ)もほうきに変わっちゃうの?」と聞くシーンがあるのですが、トッケビは正体がバレないように、生活に身近なほうきなどに身を変えると言われているそうです。

大ヒットドラマを生み出す人気脚本家

トッケビ
出典:http://program.tving.com/tvn/dokebi
※制作発表会にて。右から2人目の女性がキム・ウンスクさん。

「トッケビ」の脚本を手掛けたのは「パリの恋人」「太陽の末裔」など韓国で次々と大ヒットドラマを生み出したキム・ウンスクさんという方。

物語の面白さを左右するのって脚本の力が大きいですよね。トッケビは最後の最後まで「そうきたか!」と思う展開が多くて、本当によく考え込まれた脚本だなぁと思いました。こんな素晴らしい脚本を書けるキム・ウンスクさんスゴい!

スケールの大きさが凄い!

トッケビ
出典:http://program.tving.com/tvn/dokebi

CGやらセットやら海外ロケやら…
どれほどお金が掛かってますか?と聞きたくなるぐらい、映画を観ているような壮大なスケール!

特に7話でトッケビが剣を抜こうとするウンタクを突き飛ばすシーンでも、その一瞬のシーンにそんなにお金かける⁉︎というぐらい車が爆破しまくり!!

トッケビ
出典:http://program.tving.com/tvn/dokebi

「お金掛けている=良い作品」という訳ではありませんが、これだけお金を掛けているとやはり見応えはスゴいありますね。

ファンタジーものって一歩間違えるとチープに見えやすい題材だけど、全っっ然チープに見えないのは、やはりセットが大掛かりというのも大きいでしょう。

まとめ

トッケビ
出典:http://program.tving.com/tvn/dokebi

「トッケビ」はテーマがテーマだけに、“赤い女の人は何者?”とか“蝶々の役割は?”とか、よく理解できない設定もありました。

でもだいたい疑問に思うことは視聴者の皆様も同じみたいで、いろいろな人がブログやSNSで考察や答えを書いて下さっているので、それを参考にしながらドラマを見るていくのも楽しかった。

トッケビは1度だけでなく何回も見ている人が多いらしく、見る前は何でそんなに同じドラマを何回も見るのかなと思っていたけどその理由が今なら分かる。ストーリーや俳優さん達が素晴らしいだけじゃなく、見る度に新しい発見があるから何度も見たくなるんですね!(私も2回見た)韓ドラデビューが「トッケビ」で本当に良かったです!

韓ドラ早見表ファンタジー度:★★★★★
涙が溢れ出る度:★★★★★
一回で理解するの難しい度:★★★★★

タイトルとURLをコピーしました