京都の人気観光地で味わえる本格コーヒー『 モノアート・コーヒー・ロースターズ』

京都

【現在閉店】

京都の観光地の中心街にあるレトロなコーヒー専門店

京都 四条河原町にあるカフェ『 MonoArt coffee rosters(モノアート・コーヒー・ロースターズ) 』へ。

阪急京都線 河原町駅1番出口を出て、徒歩30秒ほど。木屋町通り下る高瀬川沿いの、有名な喫茶店『フランソワ喫茶店』の隣にお店はあります。

昔から京都は何十回も足を運んでいるが、こんなにも駅近で、人気観光地のど真ん中に素敵なカフェがあるなんて知りませんでした。

カフェというよりは、喫茶店のようなどこか懐かしい雰囲気。
コーヒー店がオープンする前はBARだったらしく、BAR時代の面影が至る所に残っていました。

入り口のすぐ左手に、焙煎機があり、コーヒーの良い香りが鼻を抜けます。

オープンと同時に入店したのですが、私と一緒に2組のカップルも入店。
2組ともスーツケースを持っていたので、観光客も訪れるほど人気店なんだなと感じました。

オリジナルのブレンドコーヒー

今回注文したのは

⚫︎ MonoArt オリジナルブレンド
⚫︎コーヒーブラウニー

今回注文したオリジナルブレンドコーヒーは4種類のスペシャルティコーヒーを、それぞれ異なるプロセスで中深煎りに焙煎しブレンドしたものです。

テイクアウト用のカップが可愛いので、オーナーさんにお願いし、テイクアウト用で出して頂きました。

酸味と苦味のバランスが丁度良く、飲みやすいコーヒーで美味しいです♪ブラウニーとの相性も抜群◎!ブラウニーの上にはコーヒー豆も乗っていて、ほろ苦さがまたブラウニーと合います♪

『コーヒーの焙煎はMono(モノ)づくりであり、同時にArtだと考えている』というオーナーさん。コーヒー豆から(厳密には豆の栽培から)一杯のコーヒーが出来るまでに、たくさんの人が関わり、たくさんの時間が掛かっています。そのたくさんの人の手が加わった豆を、どう焙煎して一杯のコーヒーに仕上げるかは、その店の方向性によって決められます。同じ豆でも焙煎の方向性によって、全く違う味になるので、何かを生み出す、何かを創り出すという点で”ART“と“一杯のコーヒー”は通づるものがあるかもしれません。

人気イラストレーターHOLYさんのカップ

ちなみにMonoArtさんのカップのイラストは、イラストレーターの”Holy“さんが描かれたイラストです。Holyさんはグッズが販売するとすぐに完売してしまうほど、人気のイラストレーターです。

私がカフェにいる間も、ひっきりなしにお客様が来店されましたが、この日は8割の方がテイクアウトでした。観光地のど真ん中にあるだけあって、気軽に立ち寄って本格的なコーヒーを味わえるのは良いですね。京都は観光客がとても多いので年齢や性別問わず、誰もが親しみを持てるコーヒーだと思いました。


■MonoArt coffee roasters
京都府京都市下京区真町90-8
TEL : 075-744-0887
営業時間 : 11:00~21:00(L.O.20: 30)
定休日 : 火曜日
阪急京都線河原町駅1番出口徒歩1分

https://monoart.shop/
タイトルとURLをコピーしました