ポートランドひとり旅!!シアトル・タコマ国際空港で乗り継ぎの初体験!

シェアする

アメリカ オレゴン州にあるポートランドへひとり旅に行って来ました!ついにポートランドへ旅立つ日!初めての乗り継ぎは果たして上手く行くのでしょうか。

関西国際空港を出発

9月20日(金)いよいよポートランドへ出発の日。

成田空港から直行便で行く予定でしたが、乗り継ぎのスケジュールが上手くいかず、今回はシアトルで乗り継いで行くことにしました。

出発の2時間半前に、関西国際空港ターミナル1に到着しデルタ航空の自動チェックイン機へ。今回は荷物を預けないので、カウンターで手続きするよりもパスポートをピッとかざすだけの自動チェックインの方が楽ちんです。

■自動チェックイン
メリット
・カウンターで預ける荷物がない場合カウンターに並ぶ手間が省ける
デメリット
・事前入力が面倒臭い
・出発24時間前に航空会社のHP見る必要がある
※チェックイン手続きは出発の24時間前から

自動チェックイン手続きしなくても、座席のみ先に指定する事は可能です。但し、航空会社によって違うので確認して下さいね。

手続きをしようとすると、デルタの職員の方が「今ならカウンターが空いておりますので」とカウンターで手続きをしてくれました。保安検査場へ向かおうとすると「簡単な調査がありますので、ご協力お願いします」と別の職員の所に連れて行かれました。

「どこに行きますか?」「おひとりですか?」「どこに滞在しますか」など、いくつかの質問に答えると「ありがとうございます。調査が終了した証のシールをパスポートに貼りますね」とパスポートの裏にナゾのシールを貼られました。

何このシール。。

この謎のシールが気になりつつも、保安検査場を通過し、搭乗ゲートのある北ウイングへと移動。

搭乗時間まで、ふとさっきのシールが気になり、スマホで検索してみると、シールを貼られた人は“ランダムに選ばれる追加のセキュリティーチェック対象者”という記事を発見!!!シールを貼られた人は追加尋問で別室に連れて行かれ、警察官に囲まれるとか何とかって書いてある!!!(゚д゚lll)

コレに私が選ばれたの!?

急に不安に襲われドキドキしている内に、あっという間に搭乗時間になってしまった。。凄い不安。。怖い。

搭乗口で職員の方に「誰かから荷物を預かったりしていませんか?」「荷物から目を離していませんか?」という質問され、機内へ。

デルタ航空の機内

今回はMEIN3 32Bシート!
約9時間のフライトなので、お手洗いに行きやすい用に通路側の席をチョイス♪

■室内気温
極寒!外資系の機内って何でいつも極寒なんだろうか。。現地での防寒用に持ってきた厚めのカーディガンと機内用毛布にもくるまって丁度良い感じ。

■座席周り
機内で映画やゲームが楽しめるモニターの下にUSBを差せる所があり、スマホの充電が出来ます。

■機内サービス
お手拭き、ミネラルウォーター、アイマスク、イヤホン、スリッパ、耳栓、入国カードは全員に配られます。

クッキーとチーズ味のスナック!

ドリンクの種類も豊富。

機内食は3種類から選べたので、“にんにくの生姜醤油漬けのローストポーク”にしました♪

運ばれてる時に傾いたからか、ご飯の半分がつゆだくで半分が白ご飯になってました 笑。。

しばらくして機内がナイトモードになり、寝ようかと思ったけど、全っ然眠れません。。日本ではまだ18時とか19時ぐらい…眠れるわけがない。

仕方がないので眠くなるまでは実写版『アラジン』と『ダンボ』の映画を2本立て続けに鑑賞し、ようやく眠りにつく事が出来ました。

しばらく暗闇の中でCAさんがハーゲンダッツのアイスを配っているのが分かったけど、日本だと真夜中なので我慢。。

寝たり起きたりを繰り返し完全に熟睡出来ないまま、ナイトモードから通常モードへと戻り、今度は軽食が運ばれてきました。

日付変更線を越えているので、恐らく朝ごはん的なものかな。

チーズとハムが挟まったクロワッサンとフルーツ。あまりお腹も空いていなかったので、フルーツを一口だけ食べてご馳走様!

シアトル・タコマ国際空港で乗り継ぎ

シアトル・タコマ国際空港に到着。日本とは時差がー16時間なので、出発した日と同じ20日を迎えます。少し得した気分♪

到着予定時間より1時間も早く到着し、まだ朝の8時半!でも寝起きで頭がボーっとしていた為、ギリギリなのか間に合っているのか判断出来ず、とりあえず乗り継ぎのゲートへと急ぎました。

①入国審査
30名ほど並んでいたが、意外と早く自分の番が回ってきました。まず両手の指紋をスキャンされ、入国審査官の質問に答えていきます。

今回私が聞かれた質問です。
※全て英語で質問されます。

⚫︎何の目的で来ましたか?
ー 旅行です。

⚫︎どこに滞在しますか?
ー ダウンタウンです。

⚫︎現地に友達や家族はいますか?
ー いません

⚫︎何日間滞在する予定ですか?
ー 2日間です

⚫︎仕事は何ですか?
ー オフィスワーカーです

⚫︎仕事は何日間休んでますか?
ー 2日間です

⚫︎ポートランドでの予定は?
ー コーヒーを飲みに来ました

⚫︎コーヒー?わざわざポートランドに?
何でシアトルのスターバックスじゃダメなの?
ー ポートランドに行きたいコーヒー屋さんがあるからです。

⚫︎それは何ていうお店?
ー ストンプタウン

⚫︎どうやってその店を知ったの?
ー インスタグラムで

⚫︎この紙にその店の名前書ける?
ー stump town coffee (紙に記入)

⚫︎旦那さんを日本に置いて1人で旅行に来たの?
ー 何でですか?

君指輪してるでしょ?(私も指を指す)
ー これ、右手です

どうやら右手にしてる指輪が、入国審査官からしたら(対面してるから)左手にしていると勘違いした模様。。

『Oh,Sorry…NEXT!!!』

と言って、パスポートにボンッ!とハンを押し、もう次の人を呼んでる。めちゃくちゃ長かった割に、最後はあっけなく終わった。。最後ぐらい「良い旅を」ぐらい言ってくれても良いのに。。

今回パスポートにシールを貼られので、質問が長かったかもしれませんが、質問されなかったり、質問されても2、3個です。

審査官にも寄りますが、ニコニコしてめちゃくちゃ優しい人もいますので、聞き取れず「?」みたいな顔をすると、ゆっくりと質問を繰り返してくれるのでご安心を。

②乗り継ぎゲート

今回バッグを預けていないので、そのまま乗り継ぎゲートへ進みます。日本でチェックインした時に乗継便の航空券も発券してくれますが、搭乗ゲートが空欄になっているので、自分で搭乗ゲートを探す必要があります。

近くの職員の方に尋ねると、無線でゲートを直ぐに調べてくれて『目の前にあるEXITを出るとすぐにTransfer Flightがあるからね、貴方の搭乗ゲートはB-21よ』と丁寧に教えてくれました。この人は優しかった。

職員の方が教えてくれた通り、出口を出るとすぐに“Transfer/ Connecting flights”の表示が♪この表示通りに進むと、通路がUの字型になっていて、途中で再度バッグを預けるカウンターがあり、その奥にセキュリティチェックのゲートがありました。

③セキュリティチェック

再びセキュリティチェックを受ける必要があります。靴を脱ぎ、両手足を広げてセキュリティチェック。

④シャトルで移動

シャトルに乗り場も分かりやすく、迷うことはありません。

ポートランド行きのゲート

ポートランド行きのゲートはこじんまりしています。このゲートからまたシャトルバスに乗って飛行機まで移動するので、時間が来るまで待ちます。

ようやくここでフライト時間まで、まだ1時間以上ある事に気付いた私(遅っっ)。。ポートランド行きのゲートにはお土産売り場や、カフェなど時間をつぶす所はありません。

イスに座っていると、ふとポートランド行きのゲートに日本人は私だけということに気がつく。シアトルまで一緒に来た大勢の日本人は一体何処へ。。ポートランド行きの日本人が少ないので、少し不安。。

搭乗時間になり、シャトルバスに乗って、小型飛行機へ乗り込む。初めての乗り継ぎが無事に終わった安心感なのか、離陸と同時に爆睡。。目を覚ましたらいよいよ念願のポートランドです!

シェアする

フォローする