カリスマ的人気を誇る有名振付師のBrian Friedman(ブライアン・フリードマン)!!

シェアする


Britney Spears(ブリトニー・スピアーズ),Beyoncé(ビヨンセ), Mariah Carey(マライア・キャリー)など多くのアーティストのコレオグラファー(振付師)として活躍するBrian Friedman(ブライアン・フリードマン)に迫ります‼︎

PROFILE
名前 : Brian L Friedman(ブライアン・フリードマン)
誕生日 : 1977年5月28日
出身地 : アメリカ合衆国 イリノイ州シカゴ ハイランドパーク
国籍 : ユダヤ系アメリカ人
家族構成
父 : Danny Friedman
母 : Judi Friedman
姉 : Selly Friedman
配偶者 : Daniel Brown
身長 : 178cm

ダンスを始めたキッカケ

Brian Friedman(ブライアン・フリードマン)がダンスを始めたのは11歳の時でした。母親のダンス教室のコンテストを観に行った時に、ステージで踊るキッズダンサー達を見て、夢中になった彼は自分もダンスを習い始めたいと母に頼み、ダンス教室に通う事になりました
いつしかエンターティメイントの世界で活躍したいという夢を持った彼は、様々なダンスショーに出演したり、オーディションを受けるようになりました。1992年15歳になったBrian Friedman(ブライアン・フリードマン)は、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズプロデュースによるKenny Ortega(ケニー・オルテガ)初監督作品のミュージカル映画『Newsies(ニュージーズ)』にダンサーの一人として出演することになりました!

※Kenny Ortega(ケニー・オルテガ)・・ディズニー映画『ハイスクールミュージカル』『ディセンダント』、Michael Jacksonの『THIS IS IT』などのツアーを手がけるプロデューサー


※ Brian Friedman instagramより


※Brian Friedman instagramより、『Newsies』出演時に母親のJudi Friedmanと。

グループで歌手デビュー

映画の出演後、16歳になったBrian Friedman(ブライアン・フリードマン)は高校を中退し、本格的にエンターテインメント界の道を志す為にLAに拠点を移します。そこでEric Balfour(エリック・バルフォー)、Brittany Murphy(ブリタニー・マーフィー)、Haylie Johnson(ヘイリー・ジョンソン)と共に『blessed with soul』というグループで歌手活動をスタートしたのですが、自分のラップの下手さに気付き歌手の道を断念したそうです。その後はダンスでのキャリアを追求する為、グループを脱退することにします。

赤い服を着た子がBrian Friedman(ブライアン・フリードマン)↓

その後、地元に戻った彼は母親のJudi Friedman(ジュディ・フリードマン)と共にダンススタジオ『Dance Source(ダンス・ソース)』をオープン。残念ながらダンススタジオは2000年に閉鎖してしまいましたが、ダンススタジオで経験の活かしコレオグラファー(振付師)としてのキャリアに専念することにします。


※Braian Friedman Instagramより

本格的にコレオグラファーとしての道を歩み始めた彼はPaula Abdul(ポーラ・アブドゥル)、Celine Dion(セリーヌ・ディオン)など様々な大物アーティストの振付&バックダンサーを経験し、大ヒット映画『チャーリーズ・エンジェルス(Charlie’s Angels)』の振付なども担当し順調にキャリアを伸ばしていきました。

Michael Jacksonとの出会い

Brian Friedman(ブライアン・フリードマン)が Michael Jacksonと初共演したのは、MTV開局10周年を祝った『MTV’s 10th Anniversary(1991)』でのステージでした。

出演者が多くBrian Friedman(ブライアン・フリードマン)の姿が何処にいるか確認出来ず。。↓↓

僕が初めてマイケルと働いたのは14歳の時で、MTVの10周年を祝う『MTV 10s Anniversary』のステージだった。緊張している僕に対し、彼は緊張がほぐれるようにずっと気にかけてくれたんだよ。

パフォーマンス後、彼が僕の肩に手を回してて「皆んな何であんなにも僕に向かって叫んでいるんだろうね」って言っていたのが印象的だったな。あんなにもスーパースターなのに、気取ってなくて、いつも優しくて本当に純粋な人だった。マイケルとの仕事は人生の中で最高の経験だったし、これからも変わることはないと思う。

一つ面白いエピソードを思い出したよ。
2001年の“MTV Video Music Awards”でインシンクのステージにマイケルがサプライズ出演するが決まった時、僕はリハーサルでマイケルのダミー役をしたんだ。その事を知らない人達が僕をマイケルだと勘違いして大騒ぎしたんだよ。でも僕が登場した瞬間、マイケルじゃないのかって空気が一瞬で変わったのが面白くて最高だった。でも、ほんの一瞬でもマイケルがステージに上がる前を体験することが出来て幸せだった。

彼が亡くなった後、“MTV Video Music Awards 2009”で、彼の追悼パフォーマンスをJanet Jackson(ジャネット・ジャクソン)、最高のダンサー達、最高の振付師達と一緒に踊れたことは光栄だった。

僕のようなダンサーや振付師達が彼から受けたインスピレーションは計り知れないよね。僕たちが今いるのは本当にマイケルのおかげなんだよ。彼が居なくなってしまった事が今でも信じられないし、本当に寂しく思う。

- Braian Friedman インタビューより-


※Braian Friedman InstagramよりJanet Jackson(ジャネット・ジャクソン)と。

Britney Spearsとの仕事


※Brian Friedman InstagramよりBritney Spearsと

彼が振付を担当した中で、最も多く仕事をしたのは当時POP界のプリンセスと呼ばれたBritney Spears(ブリトニー・スピアーズ)でした。彼女の大ヒット曲「Toxic」、「Me Against the Music」、「Boys」、「I’m a Slave 4 U」など多くのミュージックビデオやパフォーマンスの振付、監督を行い、彼女のワールドツアー『Dream Within a Dream Tour(2001)』『Onyx  Hotel Tour(オニキス・ホテル・ツアー)(2004)』にもダンサーとして参加しました。

Brian Friedman(ブライアン・フリードマン)がコレオグラファーを担当したBritney Spears(ブリトニー・スピアーズ)の『I’m a Slave 4 U』のミュージックビデオ↓↓1分4秒ぐらいでブリちゃんの右側に出てくるパーマ頭のダンサーがBrian Friedman(ブライアン・フリードマン)です。

同じくBritney Spears(ブリトニー・スピアーズ)の大ヒット曲『TOXIC』のミュージックビデオの撮影現場。Brian Friedman(ブライアン・フリードマン)がダンスの指導をしており、和気あいあいとした雰囲気が伝わってきます。↓

この他にもMýa「My Love Is Like … Wo」、* NSYNC「Pop」、Normani 「Motivation」など数えきれない程のアーティストのコレオグラファーを担当し、Brian Friedman(ブライアン・フリードマン)はこれまでに4つの”MTV Video Music Awards”, 2つの”Music Video Production Awards”、そして5つの”American Choreography Awards”にノミネートされています。

その後、FOXの人気ダンス番組「So You Think You Can Dance?」、UK版「The X Factor」、USA版「The X Factor」、「America’s Got Talent」など、数多くのTV番組の審査員及びコレオグラファーとしても参加しました。


※Brian Friedman Instagramより、American Choreography Awardsにて。

若手ダンサー達の支援

Brian Friedman(ブライアン・フリードマン)は『Radix Dance Convention』のクリエイター兼ディレクターを務め、世界中でワークショップを開催し、若手ダンサー達の指導にも力を入れています。ダンスDVDなども発売したり、エンターテインメント業界で活躍する為のキャリアアップも支援しています。

ダンスで1番大変なことは体力の消耗が激しいことだね。あとは身体のメンテナンスも大変だ。ダンサーとして活躍出来る年齢は限られているから、とにかく身体のメンテナンスや体調管理を常に気を付けること。
Brian Friedman インタビューより-


※Brian Friedman Instagramより、ワークショップの様子


※AMAZON出典

パートナーと結婚

2020年2月にパートナーDaniel Brown(ダニエル・ブラウン)氏と結婚。Brian Friedman(ブライアン・フリードマン)はめちゃくちゃイケメンなのに、残念ながら恋愛対象は男性なのです。結婚後はLAとロンドンに家を所有し、2匹の犬と共にパートナーと幸せな生活を送っています。


※Braian Friedman Instagramより結婚式の様子


※Braian Friedman Instagramより、自宅でパートナーと愛犬とリラックス

おススメの動画

Brian Friedman(ブライアン・フリードマン)のおススメのコレオグラファービデオをいくつか紹介します♪

韓国の男性アイドルグループ『NCT 127(エヌシーティー)』の曲を使用したコレオグラフィービデオ。Brian Friedman(ブライアン・フリードマン)がK-POP好きなのか、K−POPで踊っている動画も多いです。


ダンスのスピード感とキレもさることながら、Brian Friedman(ブライアン・フリードマン)のスタイルの良さが際立ちます。小顔で手足の長く、とてもステージ映え&カメラ映えします。その長い手足を存分に使っているのでとても迫力があります!


ヒールダンサーYanis Marshall(ヤニス・マーシャル)としたコラボ コレオグラフィービデオ。Brian Friedman(ブライアン・フリードマン)はヒールで踊るYanis Marshall(ヤニス・マーシャル)をYouTubeで初めて見た時に、衝撃を受けとても刺激を受けたそうですよ。2人のコラボ コレオグラフィービデオもいくつかYoutubeにUPされています☆

LA最大級のダンススタジオ「millennium dance complex」!様々なジャンルのダンスをエンターテインメント界でバリバリ活躍している先生達から直接学ぶことができます!
不思議な魅力を放つフランスの振付師Yanis Marshall(ヤニス・マーシャル)‼︎コレオグラフィービデオをご紹介♪

オフィシャルサイト

Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.
Brian Friedman - 「いいね!」17万件 - I am a man with a plan...Get Into It!
During the first 15 years of his career, Brian Friedman was nominated 4 times at the MTV Video Music Awards, 2 times at the Music Video Production Awards, an...
Brian Friedman (@brianfriedman)さんの最新ツイート Director • Producer • Choreographer • Fashion Designer • Trendsetter ◉ Live Your Life. That's an order! ◉ @BrianSaysBF...

シェアする

フォローする