≪ポートランドひとり旅1 ≫ポートランドってどこ?私がポートランドに行こうと決めてから旅立つまで。

9月20日から9月23まで、アメリカ オレゴン州のポートランドへ2泊4日の弾丸ひとり旅に行って来ました。

旅行に行く前はポートランドの存在を全く知らなかった私。そんな私がポートランドに行くことを決意したのは遡ること約1ヶ月前。「どこか旅行に行きたいなぁ」とふと思い、スマホで旅行関連の記事やサイトを何気なく見ていたんです。

せっかく旅行に行くなら今まで行った事がない所で、美味しいコーヒーがある街に行きたい。でも仕事で長期は休めないから国内かアジア圏かな〜なんて事を考えながら、色んなサイトを開いては閉じ、開いては閉じを繰り返す。しかし色々なサイトを見ても、中々ピンとくるような場所が見つからず、この際弾丸でも良いからもう少し範囲を広げて探してみようかと「アメリカ /コーヒー」、「アメリカ/コーヒー/美味しい」などというキーワードで検索してみました。

するとコーヒーのサードウェーブに大きな影響をもたらした町 ポートランド”とかコーヒーの聖地 ポートランドという記事が目に飛び込んで来ました。ポートランドなんて聞いた事ないなぁと思いながらクリックしてみると、モノづくり、クラフトビール、サードウェーブコーヒー、オーガニック、アートなど地産地消やローカルな心を大事にするヒップスターカルチャー(個性的なインディー文化)が根付いた町だそう。この時点で凄く興味をそそられれる♪

さらに記事を読み進めていくと
・全米住みやすいランキング常連
全米で3番目に安全な都市
全米で最も自転車通勤に適した都市
全米で最も出産に適した街
全米で最も住みやすい都市

など、様々なランキングの上位に入っていることが分かりました!

そして何より1番の魅力は全てタックスフリー(消費税なし)で買い物が出来てしまう、買い物天国な町ってこと!

何て面白そうな街なんだろう!!
これは絶対に行くしかない♪

と私はポートランドへ行く決心を固めました。

まず、ポートランドがいまいちピンとこないという方も多いと思うので、場所の説明を。
ポートランドはアメリカの西海岸側、シアトルの南(下ら辺)にあります(アメリカの地図だと左上)。ポートランドはオレゴン州の中で最大の都市で、日本だと札幌が姉妹都市です。日本との時差は約16時間です。

日本でも雑誌「POPEYE」で特集されたり、2018年阪神梅田本店で「ポートランドフェア」が開催されたりと注目度がグングン上がっている場所なんですね♪


出典:Amazon

ポートランドは「雨の町」と呼ばれていて、年間を通して半分以上は曇りか雨の日が続きます。その大半が10月~5月の間に降るので、旅のベストシーズンは6月~9月くらい。夏は35度近くまで上がる日もありますが、日本と違って湿度が低くカラッとしているので過ごしやすいのです。6月と7月は午後9 時頃まで日が沈まないので、夜まで観光を楽しめちゃいます♪※朝晩の気温差は大きいので服装に気を付けて下さい。

10月以降は雨が多くなるなら、出来ればベストシーズン内の9月中には旅行に行きたい。すぐさま棚の奥からパスポートを引っ張り出して期限を確認すると、何と2ヶ月前に有効期限が切れている!!!!

しまった!!!
パスポート取り直しだ…
普通の更新手続きよりも面倒臭いやつじゃん。。

すぐさま自分の本籍地がある役所に戸籍謄本を郵送してもらう為、必要な書類を準備しました。役所のホームページからダウンロードした申請書、返信用封筒、免許書のコピー、そして発行手数料を郵便局で定額小為替で支払い、その領収書を封筒に入れポストに投函。

約1週間後に無事戸籍謄本が届き、今度はその戸籍謄本と梅田の照明写真ボックスで撮ったパスポート用の写真(美白&美肌モードがある所をわざわざ探した)、そして免許証を持って尼崎塚口にある旅券事務所へ申し込みに行きました。5年用は11,000円、10年用は16,000円かぁ、高っっ。。5年で十分かと思ったが、また5年後同じ手続きを行うのが面倒だし、旅行前の出費はかなり痛かったが10年用を選びました。。

パスポートの申請手続きはすぐに終わり「また1週間後に取りに来て下さい」と言われ、旅券事務所を後にした。この時点でお盆が終わろうとしていました。9月中に本当に旅行は行けるんだろうか、、そんな事が頭をよぎりながらも、今度はどのツアーを申し込もうか旅行サイトを片っ端から検索し始めました。

急遽思い立った旅行だったので、今回はひとり旅。ひとりで海外旅行に行くのは3回目。1回目はロサンゼルス、そしてもう一回はイタリアを北上する旅だった。1回目も2回目もフリープランのツアーで申し込んだので、今回もフリープランのツアーで探してみたけど、旅行日数や関空発や自分の希望条件に合うツアーが中々ない。。。
当たり前だ。今回は弾丸旅行なのだ。
最低でも3泊5日からのプランしかない。私が仕事を休める限界は2日間だけ!通常の休日と有給を2日取って行ける限界が2泊4日だった。

自分で航空券とホテルを取るなんてしたことないけれど、今回はしょうがない、自分で取るか。。

近年ポートランドは観光の人気が高まり、それに伴いホテルの宿泊代もグングン値上がりしています。特に中心地Downtown(ダウンタウン)エリアはバカ高い。ホテル代はなるべく安くしたいが、旅行日数が少ない為郊外に泊まるのは時間の無駄だ。この際安価なドミトリーにしようか、人様のお家に泊まらせてもらうAirbnbにしようか色々悩んだけど、ドミトリーはトイレ・風呂共同、しかも知らない人と同じ部屋の2段ベットで寝るなんて、果たして身体が休まるのかと不安になり却下。Airbnbも人様のお家に行く勇気が湧かず却下。結局、色々悩んで中心地Downtown(ダウンタウン)エリアにギリギリ入っているホテルを予約しました。

今回私が予約したサイトは「エアトリ」!色々検索した中で、希望の時間帯の飛行機が合ったのと、ホテルと一緒に申し込んだらセット割引きがあるのでこのサイトに決めました!今回は2泊4日で往復航空券+ホテル代2泊分 合計¥139,266。予約時にパスポートの旅券番号がいるかと思ったけど、特に入力することなく予約完了出来ました。

航空券とホテルが決まったら、最後はアメリカ旅行に必須のESTA申請!!
ロサンゼルスに行った際に一度申請したのですが、有効期限が2年の為再取得です。最近では偽サイトが増えていて、高額な請求をされたりするので注意が必要です。私も危うく申請代¥7,000のサイトに登録しかけましたが、本物のESTA申請は¥1,400です!!

サイトは全て英語入力ですが、パスポートを見ながら名前や住所など一つ一つ落ち着いて登録していけば大丈夫ですよ。最後まで入力が完了したら支払はクレジットカードで行います。支払が終わったら、登録したメールに完了通知が届くのでコピーを取っておきましょう。※旅行でESTA申請書を税関で見せたことは一度もないけど(^^;。。。

さぁ、これで旅に出る全ての準備が整った!!あとはポートランドを思いっきり楽しむ為に、ポートランドの情報を集めまくる為に私が参考にした本はこの3冊↓↓↓


出典:Amazon
『緑あふれる自由都市ポートランドへ』


出典:Amazon
『TRUE Portland』


出典:Amazon
『地球の歩き方 シアトル ポートランド』

人気が高まってきているとはいえ、まだまだポートランドに関する本は少ない。小さな書店では取り扱ってないことも多いので、大阪梅田だと『丸善&ジュンク堂書店・梅田店』が一番揃ってました。次回のブログはいよいよ出発編ですよっ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする