ビヨンセやレディ・ガガ、高橋大輔ともタッグを組んだ日系3世のコレオグラファーSheryl Murakami(シェリル・ムラカミ)

シェアする

祖父が日本人で日系3世のSheryl Murakami(シェリル・ムラカミ)。日本とも縁を感じる彼女をご紹介!

PROFILE
名前 : Sheryl Murakami
誕生日 : 6月17日(年齢非公開)
出身地 : カリフォルニア州 ロサンゼルス ハンティントンビーチ
婚約者 : Marcus wolf(ミュージシャン)

ダンスを始めたキッカケ

Sheryl Murakami(シェリル・ムラカミ)がダンスを始めたのは5歳の時。
シャイで人見知りの彼女に、もっと自信をつけてほしいと彼女の母親がバレエを習わせたのがきっかけだったそうです。

その時に通っていたダンススタジオ『Huntington Academy of Dance』の講師に『貴方はダンスのセンスがある』と褒められたことで自信をつけた彼女は、次第にプロのバレエダンサーを目指すようになります。

しかし骨格や体型を重視されるバレエにおいて自分の体型はバレエ向きではないと悟った彼女は、約15年続けたバレエを辞めて、タップ、ジャズ、ヒップホップ、サルサなど様々なジャンルのダンスへとシフトしていきます。

Marina High School(マリーナハイスクール)に進学したSheryl(シェリル)は、ダンスプログラムなどに積極的に参加しダンスの業を磨いていきました。その後のインタビューで彼女は『その時に踊ったダンスは全部自分で振付をしたの』と語っており、この時から既にコレオグラファーとしての素質があったのかもしれません。


※Sheryl Murakami instagramより公演に向けてのレッスン風景

16歳でプロダンサーへ

16歳になったSheryl(シェリル)は、有名なエージェントJulie McDonald(ジュリー・マクドナルド)と契約を結び、プロダンサーとしての道を歩み始めることになります。

しかしSheryl(シェリル)の家庭は決して裕福な環境ではなかった為、家計を支える為のアルバイトが忙しく思うようにオーディションを受ける事が出来ませんでした。そんなどっち付かずの生活が2年も続き、ついに彼女が18歳の時にJulie McDonald(ジュリー・マクドナルド)の契約者リストから外されてしまいます。

その頃は悪循環が続いていたの。受けたいオーディションを思うように受けに行けないことにフラストレーションが溜まっていたの。それでもダンスの事を心から愛していたから、自分の気持ちがコントロール出来ず、私の家族や、周りで支えてくれている人に反抗的な態度を取ってしまっていたわ。あの頃の私は凄く若かったし、とにかく世界が全て敵のように感じていたの。
※Sheryl Murakami(シェリル・ムラカミ)インタビューより

活動拠点をNYへ

それでも夢を諦められなかった彼女は、アルバイトで必死にお金を貯め、車を購入したことで活動範囲も広がり、以前よりはダンスの仕事もできるようになっていきました。そしてSheryl Murakami(シェリル・ムラカミ)が20代前半になった時、アトランティックシティのカジノ街にあるTropicana hotel(トロピカル・ホテル)でのダンスの仕事が舞い込み、NYへ行くことに。約2週間の滞在中にすっかりNYを気に入ってしまった彼女は、なんとそのままNYに移住してしまいます!!


※ Sheryl Murakami instagramより婚約者のMarcus wolf氏と愛犬と。

NYへと拠点を移したSheryl Murakami(シェリル・ムラカミ)は、ほどなくして振付師のJermaine Browne(ジャーメイ・ブラウン)氏と出会い、彼に連れられ有名なダンススタジオ『Broadway Dance Center(ブロードウェイ・ダンス・センター)』を見学しに行きました。そこで見たダンスクラスに衝撃を受け、私自身と私のダンスへの情熱が再び繋がったと言っています。

NYは本当に魅力的な街。色々な文化や芸術、そして言葉では言い表せないほどのエネルギーを感じるの。NYこそが私のインスピレーションを奮い立たせてくれた。
※Sheryl Murakami(シェリル・ムラカミ)インタビューより

地元のジムでダンスを教え始め評判を呼ぶようになり、NYに来てすぐに見学したBroadway Dance Center(ブロードウェイ・ダンス・センター)でジャズファンクのクラスを受け持つこととなりました!

不思議な魅力を放つフランスの振付師Yanis Marshall(ヤニス・マーシャル)‼︎コレオグラフィービデオをご紹介♪

Broadway Dance Center(ブロードウェイ・ダンス・センター)でのクラスの評判も上々で、Jermaine Browne(ジャーメイ・ブラウン)氏は当時の事を『Sheryl(シェリル)のダンスクラスは女性のセクシュアリティさを出すような動きが特徴なんだ。でもそのようなダンススタイルはNY流行っていなかったし、誰もしていなかったよ。流行りに流されない自由な発想や、彼女の強さ、そして自信は本当に素晴らしいよ』と絶賛しています。


※ Jermaine Browne instagramよりSheryl Murakami(シェリル・ムラカミ)と

その後、タレントエージェント”Clear Talent Group (クリア・タレント・グループ)”と契約し、活動の幅をさらに広げていきます。そして当時まだ新人だったLady GAGA(レディ・ガガ)のMVに参加し、マンハッタンのクラブでのデビューイベントでもバックダンサーを務めました。

Lady GAGAの右で踊っているの黒髪のダンサーがSheryl Murakami(シェリル・ムラカミ)↓


※Amazon出典

Lady GAGA(レディ・ガガ)のスター性を目の当たりにし、彼女から自分らしくいることの大切さを学んだというSheryl Murakami(シェリル・ムラカミ)は、2006年さらなる高みを目指し、自身の会社を立ち上げました。

彼女の振付でよく取り入れている髪をセクシーに振る”Thrashing movements(スラッシング・ムーブメント)”という動きから、会社名は『T(H)RASH』名付け、ギャラの有無関わらず、街中のクラブやイベントなどに出演し精力的に活動しました。

約13年間NYでプロダンサーとして奮闘し続けた彼女は、ココで出来ることはすべてやったと再びLAに戻ることを決意。そしてLAで本格的にミュージックビデオのコレオグラファーとしての道へと進んでいきます。

Beyoncé との仕事

LAに戻った後、彼女のエージェントからBeyoncé (ビヨンセ)のクリエイティブディレクターが新しい振付家を募集しているという知らせを受け、サンプルミュージックの“EGO”のデモビデオを製作しました。

そのデモビデオを大変気に入ったBeyoncé (ビヨンセ)は、元々アルバムに収録予定ではなかった“EGO”を急遽アルバムに収録し、MVも撮影されることとなりました。MVにはSheryl Murakami(シェリル・ムラカミ)もDirecting  Creditの一人として名を連ね、Beyoncé (ビヨンセ)のワールドツアー『I AM SASHA FIERCE TOUR(アイ・アム・サーシャ・フィアース・ツアー)』のコレオグラファーとして正式に招待されました。

Beyoncé (ビヨンセ)は私のデモビデオを見たときに、もう一度歌に恋をすることが出来たと言ってくれたの。
※Sheryl Murakami(シェリル・ムラカミ)インタビューより

“EGO”デモビデオ↓↓


※AMAZON出典

その後Beyoncé (ビヨンセ)とは『Dance for you』、『Run the world(Girls) 』のMVの振付も担当し、『Run the world(Girls) 』は2011年”MTV Video Music Award”でベスト・コレオグラフィー賞を受賞しました。


※AMAZON出典

2分35秒あたりからBeyoncé (ビヨンセ)の左後ろで踊っている黒髪のロングがSheryl Murakami(シェリル・ムラカミ)


※AMAZON出典

振付を考える時はいつも曲を何度も聴いて振付のイメージを膨らませていくの。常に視覚的にイメージして、日々の練習の成果も出せるようにイメージトレーニングすることが大切なの。

ミュージックビデオを作るのも大好き!監督という仕事に魅了されているわ。例え24時間続く撮影でも構わない、撮影中はいつも大変だけど、編集が全て終わって出来上がった作品を見ると時はまるで魔法に掛けられたような幸せな気分になるの。

素晴らしい音楽はずっと残るものだし、皆が何度も見たり聞いたりする曲は視覚的に印象づける事を意識している。例えば登場人物をクローズアップしたり、セットを変更したり、インパクトのあるシーンを使ったりして、視聴者に視覚的に”スタンプ“のように印象を与えていくの。
※Sheryl Murakami(シェリル・ムラカミ)インタビューより

この受賞によってSheryl Murakami(シェリル・ムラカミ)は商業的なキャリアをさらに高め、Pitbull(ピットブル)のワールドツアーを始め、韓国の女性グループ2NE1、UKポップスターPIXIE LOTT(ピクシー・ロット)、台湾のポップスターJolin Tsai(ジョリン・ツァイ)など様々なアーティストのMVの振付を担当しました。

フィギアスケーター高橋大輔

2019年、4年ぶりに競技復帰をしたフィギアスケーターの高橋大輔選手のショートプログラムの振付を担当。その時の様子を日本テレビ『衝撃のアノ人に会ってみた!』で密着され全国放送されました。


※Sheryl Murakami(シェリル・ムラカミ)と高橋大輔選手

振付で起用された曲は米人気ロックバンド Fall Out Boy(フォールアウトボーイ)の「The Phoenix(ザ・フェニックス)」。この曲が収録されたアルバムは全米1位にもなりました。“フェニックス“は“不死鳥”という意味で、高橋選手の表現力を最大限に引き出した力強くカッコ良い振付です。

なぜ高橋選手がSheryl Murakami(シェリル・ムラカミ)に振付を依頼したのかというと、高橋選手2007-2008に滑ったショートプログラム『SWAN LAKE(スワン・レイク)』は、白鳥の湖とヒップホップを融合させたプログラムだったのですが、このプログラムを滑る為Jermaine Browne(ジャーメイ・ブラウン)氏にヒップホップをNYまで習いに行っていたんですね。その時に高橋選手がSheryl Murakami(シェリル・ムラカミ)をスタジオで見かけ、彼女のダンスに感動しずっと忘れられなかったんだとか。高橋選手からの依頼にSheryl(シェリル)も「衝撃的で信じられなかった。とても光栄です!」と驚いていたとか。

Sheryl(シェリル)、Jermaine(ジャーメイ)、高橋選手とそれぞれ繋がりがあるって凄い縁ですよね〜


※ Jermaine Browne instagramより

現在はダンスカンパニーEDGEでダンスコーチを続けながら、世界中でワークショップを開催する人気コレオグラファーになったSheryl Murakami(シェリル・ムラカミ)。今後の夢はコレオグラファーだけでなく、MVの総監督になりたいと語る彼女。これからの彼女の活躍がますます楽しみですね!

オフィシャルサイト

Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.
Sheryl MurakamiさんはFacebookを利用しています。Facebookに登録して、Sheryl Murakamiさんや他の知り合いと交流しましょう。Facebookは、人々が簡単に情報をシェアできる、オープンでつながりのある世界の構築をお手伝いします。

シェアする

フォローする