PR
スポンサーリンク

アリアナやリアーナ のMVを手掛けるディレクターXが制作したMV YouTube再生回数TOP10‼︎

スポンサーリンク
海外セレブ

ディレクターx

フィフスハーモニーやリアーナなど、多くのアーティストのミュージック・ビデオを手掛けるディレクターDirector X(ディレクターX)をご紹介!!

監督になるまで

ディレクターx
※ Director X Instagramより。

名 前 Joseph KahnJulien Christian Lutz
(ジュリアン・クリスチャン・ルッツ)
誕生日 1975年10月31日
出身地 カナダ オンタリオ州ブランプトン
家 族 妻 / 娘
Instagram @directorx/
HP directorxfilms

Director X(ディレクターX)ことJulien Christian Lutz(ジュリアン・クリスチャン・ルッツ)は、16歳になるまでカナダ オンタリオ州ブランプトンで過ごしました。

その後、映画製作に携わる仕事をしたいニューヨークへと移住。そこで彼はTLC「No Scrubs」やカニエ・ウエスト「Gold Digger」などを手掛けたミュージック・ディレクター ハイプ・ウィリアムスの弟子になり、「Little X(リトルX)」という名でキャリアをスタートさせました。

ハイプから多くの事を学んだ彼は、その後人気アーティスト達のミュージックビデオを数多く製作し、2015年にはトロントに制作会社「PoppRok」を設立。ミュージック・ビデオだけに留まらず、CMやドキュメンタリー映画などの製作も手掛けています。

2018年には、これまでの彼の功績が認められ、カナダトロントにある“Walk of Fame”に選ばれました。

「ブランプトンで育った経験は、間違いなく私のキャリアの中で役立ちました。この賞を受賞できてとても光栄です。」

—ディレクターX インタビューより—

アリアナ・グランデのヒット曲「34+35」のクリエイティブチームが凄い!
アリアナ・グランデの6作目のスタジオアルバム「positions」からのシングル曲「34+35」今回このミュージックビデオに関わっている人達が、どんな人達なのかご紹介します! 「34+35」ってどんな曲? アリアナ・グランデの6作目のスタジ...

YouTube再生回数TOP10

【第1位】26億回 Fifth Harmony featuring Ty Dolla Sign「Work from Home」

fifthHarmony
※ Work from Home YouTubeより。

第1位はFifth Harmony ft.Ty Dolla Sign「Work from Home 」

2016年リリースした『 7/27 』からのリードシングル曲で、アメリカ ビルボードホット100で1位を記録。

実際の建設現場で撮影されたというミュージックビデオは、公開されたわずか8カ月で10億回再生を達成し、2016年で最も視聴されたミュージックビデオになりました。

2016年MTVビデオミュージックアワード ジャパンで”最高のポップビデオ賞”ノミネート、2017年iHeartRadioミュージックアワード”最高のミュージックビデオ賞”を受賞しました。

fifth harmony
※ Director X Instagramより。

【第2位】20億回 Future&Drake 「Life Is Good 」

drake
※ Life Is Good YouTubeより。

第2位はFuture ft.Drake「Life Is Good」

2020年リリースした8枚目のスタジオアルバム『 High Off Life』からのシングルカット曲。

この曲は“楽しく人生を送るには、仕事をして努力をしないといけない”というメッセージ性のある曲で、アメリカ ビルボードホット100で2位を記録しました。

ジョージア州 アトランタのマクドナルドなどで撮影されたというミュージック・ビデオには、21サヴェージ 、マイク・ウィル・メイド・イット、リル・ヨッティなどが、豪華ゲスト陣がカメオ出演しています。

【第3位】20億回 Rosalía &J Balvin featuring El Guincho 「Con Altura」

ロザリナ
※ Con Altura YouTubeより。

第3位はスペインのシンガーソングライターRosalía ft.J Balvinan&El Guincho「Con Altura」

この曲は、ラテンアメリカを中心とした国で大ヒットを記録し、2019年のベストソング100曲で5位を獲得しました。

飛行機内で撮影されたミュージック・ビデオは、ブリトニー・スピアーズの“TOXIC”と比較されましたが、YouTube公開1週間で5億回以上の再生を記録し、2019年のYouTubeで最も視聴された女性ミュージック・ビデオに選ばれました。