BLACKPINKやTWICEの振付を手掛けるコレオグラファーKiel Tutin(キールトゥーテン)

Kiel Tutinダンサー

イギリス出身のダンサー&コレオグラファーとして活躍するKiel Tutin(キールトゥーテン)、BLACKPINK、TWICE、ITZYなど多くのK-POPグループの振付を手掛けています。ユニークで唯一無二な才能を持った彼をご紹介!!

PROFILE
【名前】 Kiel Tutin(キール・トゥーテン)
【誕生日】 1995年10月21日
【出身地】 イングランド 
【家族構成】
父 Conrad Tutin / 母 不明
姉妹 Stephanie / alex

恋人 Carlf lavell(カールフ・ラヴェル)
【身長】 約175cm

若い才能の開花


※ Kiel Tutin Instagramより。sororityメンバーと。

Kiel Tutin(キールトゥーテン)はイギリスで生まれ育ち、その後ニュージーランドへ移住。そしてキールが12歳の時に、ニュージーランド オークランド出身の女性ヒップホップダンサーで結成された団体「ReQuest Dance Crew(通称:ReQuest)」に所属します。

このReQuestは「sorority (ソロリティ)」「Kings(キングス)」「Royal Family (ロイヤルファミリー」など、複数のダンスチームに分かれた団体で、キールはその中の「ソロリティ」に所属。ソロリティでは、唯一の男性ダンサーとして注目を集めます。

ReQuestは地域のダンスタイトルを次々と制覇し、2011年 16歳の時には世界選手権で優勝を果たしました。

Kiel Tutin(キールトゥーテン)
※ Kiel Tutin Instagramより。

Jennifer Lopez (ジェニファー・ロペス)との仕事

ジェニファーロペス
※ Kiel Tutin Instagramより。Jennifer Lopezとショーのリハーサル風景。

2015年20歳の時にソロリティを辞めた彼は、歌手のJennifer Lopez (ジェニファー・ロペス)のバックダンサーとして働き始めます。ある時キールの振付したダンス動画を見たジェニファーのクリエイティブディレクターから「すぐにロサンゼルスに来て欲しい」と連絡が入りました。

ジェニファーのクリエイティブディレクターから連絡が来た3日後にはもうロサンゼルス行きの飛行機に乗っていたよ

ー Kiel Tutin インタビューよりー

ロサンゼルスでクリエイティブディレクターに会ったキールは、数週間後にミネアポリスで行われるジェニファーのスーパーボウルのステージの振り付けをしてみないかと依頼され、引き受けることにしました。

小さい頃からジェニファーの音楽に合わせて歌ったり踊ったりしていた僕が、今は彼女にダンスを教えているなんて信じられないよ。

ー Kiel Tutin インタビューよりー

スーパーボウルのショーの成功で、キールはダンサーとしてだけでなく振付師としても活動し始め、世界30か国以上でワークショップを開催。

その後タレントマネージメント会社「3WJ + boy」やプロダンサーチーム「NZX」など様々な団体を立ち上げ、クリエイティブディレクターとしても活動し始めます。

多くのK-POPアイドルの振付を担当

キールはBLACKPINK、TWICE、ITZY、aespaなど多くのK-POPグループの振付を手掛けています。共同振付も多いですが、その素晴らしい振付を何曲かご紹介します。

BLACKPINK

black pink
※ Kiel Tutin Instagramより。BLACKPINK(左からジェニー、ジス、リサ、ロゼ)のメンバーと。

キールはBLACKPINK(ブラックピンク)の曲を多く振付しており、「Kill This Love」「DDU-DU DDU-DU」「Ice cream」「Lovesick Girls」、メンバーJennie(ジェニー)のソロ曲「SOLO」、 ROSE(ロゼ)のソロ曲「’On The Ground’」などの振付を手掛けています。

Kill This Love

キールトゥーテン

大ヒット曲「Kill This Love」の振付は、キールと米振付師Kyle Hanagami(カイル・ハナガミ)による共作です。

このダイナミックで力強い振付は、2020年I Heart Radio Awardで「お気に入りの振付賞」を受賞しました!

BLACK PINKを世界へ押し上げた振付師Kyle Hanagami(カイル・ハナガミ)
Youtubeチャンネル登録者数445万人、Instagramでは146万人ものフォロワーがいる今ハリウッドで最もホットなコレオグラファーKyle Hanagami(カイル・ハナガミ) をご紹介!! PROFILE 【名前】 Kyle ...

DDU-DU DDU-DU

キールトゥーテン

2018年にリリースされた「DDU-DU DDU-DU」

K-popグループが10億回再生した最初で最速のミュージックビデオで、現在までに16億回を突破しています。中毒性のあるサウンドとサビの振付が特徴的で、めちゃくちゃカッコイイです!

How You Like That

キールトゥーテン

ミュージックビデオの総再生回数が7億回を突破し、話題となった「How You Like That」

キールのYouTubeチャンネルでは、この振付が出来上がるまでのプロセス動画を公開しています。27分間と非常に長いのですが、振付が出来上がっていく過程がとても面白いです。

基本的にこのようなコレオグラフィービデオやプラクティス(プロセス)ビデオは、振付が全て完成した状態で公開されるものが多いですが、この動画はリアルなレッスン風景とプチ本番(?)を繰り返していくという構成になっています。

プロセスビデオに出演しているダンサー達は、世界で活躍している現役プロダンサーなので、プロセスビデオとはいえめちゃくちゃカッコいいです。

ブラックピンクのメンバーROSE(ロゼ)は、インタビューでこの曲の振付について「アザできるほど練習した」と答えるほど難易度の高い振付になっています。ステージでは軽々と踊っているように見えるのは、彼女達の凄まじい努力の結果なんですね。

Ice cream

キールトゥーテン

1stアルバム「THE ALBUM」からのセカンドシングル。
この曲はSelena Gomez(セレーナ・ゴメス)がフィーチャリングされ、アメリカのビルボード・チャート・ホット100で自己最高記録の13位を記録しました。

いつものカッコいい彼女達の雰囲気とは違う、可愛いらしい振付もキールの振付です。

Lovesick Girls

キールトゥーテン

メンバーのジェニーが作詞と作曲、ジソが作詞に参加した「Lovesick Girls」。“love sick”とは「恋の悩み」「恋煩い」という意味で、女性の恋の苦しみについて歌った内容です。

サビの「We Are The Lovesick Girls」という部分で、頭を叩くような振付があるのですが、キールはキャッチーな振付を考える天才だなぁと思います。

TWICE

日本でも大人気のガールズグループTWICE(トゥワイス)。キールは2019年頃からTWICEの振付に携わっています。

元気で可愛いらしいイメージの彼女達ですが、キールが振付を担当した辺りの楽曲から、アイドルからアーティストへと脱皮した印象があります。メンバーが今までの楽曲の中で一番難しい振付だったという「MORE &MORE」もキールが手掛けています。

Fancy

フォーメーションダンスが見所の「Fancy」
メンバーの立ち位置もコロコロ変わるので、見逃せません!

キールのインスタで、振付の練習の様子が少しUPされていたのでご紹介。ダンサー達はそれぞれカラーの違う手袋をしているのは、TWICE(トゥワイス)のメンバーが9人と多く、フォーメーショも複雑なので、誰がどの位置に動くか分かりやすい配慮がされているからだそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kiel Tutin(@kieltutin)がシェアした投稿

BETTER

キールトゥーテン

日本での7thシングル「BETTER」
キールはサビの部分で、時の針をイメージしたという腕の振付がお気に入りなんだそう。

I CAN’T STOP ME

キールトゥーテン

80年代風のエレクトロニックなサウンドが特徴の「I CAN’T STOP ME」は、駆け抜けるような爽快感が特徴的。

この曲はキールとBeyoncé(ビヨンセ)やCiara(シアラ)の振付を手掛けたJONTE’ MOANING(ジョンテ・モーニング)、韓国の振付師Leejung Lee(リジョン)との共作振付です。

サビの部分の腰を振る振付はメンバーも苦労したそうです。

CRY FOR ME

キールトゥーテン

「CRY FOR ME」はJYパークと米ロックバンドOneRepublic(ワンリパブリック)のボーカルRyan Tedder(ライアン・テダー)がタッグを組んだ曲です。

これまでのTWICEのイメージをガラッと変えるような、シックで大人の雰囲気の曲です。この曲の振付はキールと韓国の振付師Leejung Lee(リジョン)が共作しました。

Alcohol Free

キールトゥーテン

Alcohol Freeは夏にピッタリのボサノバ風ミッドチューンで、心地よいサウンドが魅力的。

この曲はキール以外に、Britney Spears(ブリトニー・スピアーズ)などの振付を手掛けたBrian Friedman(ブライアン・フリードマン)、「Kura Kura」の振付を手掛けたTodd Williamson(トッド・ウィリアムソン)、韓国の振付師Leejung Lee(リジョン)との共作振付です。

Brian Friedman(ブライアン・フリードマン)カリスマ的人気を誇る有名振付師
Britney Spears(ブリトニー・スピアーズ)、Beyoncé(ビヨンセ)、 Mariah Carey(マライア・キャリー)など多くのアーティストのコレオグラファー(振付師)として活躍するBrian Friedman(ブライアン・フ...

NiziU(ニジュー)

2020年にJYPの合同オーディションプロジェクト「Nizi Project」でデビューしたNiziU(ニジュー)。オーディションの
様子を追った日本テレビの番組は毎回大きな注目を集めました。

彼女達のキャッチーで可愛いらしい振付を、真似した方も多いのではないでしょうか。これまでに出したシングル曲はキールが全て担当しています。

Make You Happy

キールトゥーテン

縄跳びダンスが流行った「Make you happy」

先日、放送されたミュージックステーションで司会のタモリさんが「この曲の振付は凄い。皆が踊ってみたくなるような振付だよね」と言っていたのですが、まさにその通りだなと思いました。

簡単ではないけど、真似できそうなステップ。
その絶妙なラインの振付を考えられるって凄いですよね!

Step and a step

キールトゥーテン

ファーストシングル「Step and a step」
「Make you happy」の縄跳びダンスに続き、サビの“うさぎダンス”も話題になりましたね!

Poppin’Shakin’

キールトゥーテン

セカンドシングル「Poppin’Shakin’」
サビの「Need your love」という歌詞に合わせて作る指ハートがとても可愛いです。

これからもたくさんNiziUの振付をして欲しいですね!

Official Site

KIEL TUTIN
Official website of Dancer and Choreographer Kiel Tutin.
https://www.instagram.com/kieltutin/
Facebook
https://twitter.com/KielTutin?ref_
Kiel Tutin
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有
タイトルとURLをコピーしました